レッドペンギンアンドパートナーは、「IT企画-プログラミング-運用までの実務経験」と、「スマートデバイス、クラウドなど先端の技術」とでITを経営に役立てるお手伝いをいたします。

ITコンサルティング

  • HOME »
  • ITコンサルティング

ITコンサルティング

「こんなに、うちのことに親身になってわかってくれる人はいなかった」
「もうこのままシステムを作れるよ」

“問い”と、”答え” を見つけるフェーズである、ITコンサルティングフェーズ、このフェーズには業務とシステム開発をつなげる役割もあります(そもそもシステムで解決する問題なのかという切り分けも含みます)。

経営や業務に必要な情報システムを、決めるのになぜ外部の力が必要になるのか、疑問に思われるかたもおられるでしょう。

業務を、一番知っているのは、遂行しているお客様自身なことは間違いありません。
しかし、日々の業務に追われ余裕や時間がない、過去の環境に決めたルールや組織によって情報が分断されている、当事者になっているので問題に気づけない、などの理由から、森の中から森の全体像をつかむようなことになり自分自身を知るのは非常に難しいことです。

加えて、システム開発技術などの知識も必要になります。これは専門性の高い技術です。中小企業様が、通常業務に関係しないこのような知識や技術を持った担当を抱えることは難しいでしょう。

ITコンサルティングからプログラム開発や、運行保全フォローまで手掛けてきたレッドペンギンアンドパートナーにはその知識と技術があります。是非ともご用命ください。
レッドペンギンアンドパートナーは、下記のITコンサルティングを用意しております。

RFP作成支援

本当に必要な情報システムがどのようなものか、どうやってシステム開発企業に伝えますか?

システム開発の失敗の多くは、情報システムのユーザー企業様がシステム開発のことを知らないことや、システム開発企業様が、ユーザー業務や本当のシステム要件を知らないことによって発生します。コミュニケーションロスによって発生しているともいえます。

ただシステム開発企業に所属しているコンサルタントだと、どうしてもそのシステム開発会社のソフトを利用したり、その企業で開発する必要があります。IT企業に所属するコンサルタントは仕事を取ってくることも重要なミッションなのです。本当にユーザー企業様に必要な情報システムを見つけるには、ユーザー企業様と一蓮托生であるか、第三者である必要があるのです。

ユーザー企業様とシステム開発企業様の橋渡しを第三者が行うことで、システム開発は、飛躍的に成功に近づきます。レッドペンギンアンドパートナーは、ユーザー企業様とシステム開発企業様を繋ぐRFP(Request For Proposal、提案依頼書)の作成支援を行います。

これによって、本当に必要な情報システムの姿をシステム開発企業様に伝えることができます。また、発注費用が抑えられるメリットがあります。

<実績例>

・製造業(工場)向けRFP作成・作成支援

・生産管理システムの有効活用状態の調査・分析と活用案の作成

・(工場)出来高・収率管理のための指標作成

・海外工場への要求分析・要件定義

・買収に伴う現状(製造系ERP)システム要件の分析・調査

業務プロセス/問題構造 の見える化

今を知ることで、明日のためのヒントを掴みます。

具体的には、業務フロー図・構成図(※)の作成を通して行う業務の可視化や、ヒアリングとその結果の分析から根本原因とソリューション案の提示などを行います。

※サーブリック分析に近いレベルからシステム向けの業務フローまでのものにするか、など、お客様の目的や、抱えられておられる問題に合わせてどのようなものを作るか事前に調整します。

<実績例>

・意思決定支援プロセスの見える化と見えるか化によるコミュニケーションのスムーズ化(階層別KPIの策定)

・ベテラン作業員の生産計画作業の分析(業務承継のため。含:Excel・Excelマクロの解析)

プロジェクトコンサル/PMO支援

数十万円~数億円規模のプロジェクトを成功に導いた知識と経験とノウハウを活用し、プロジェクトを立て直し、プロジェクトを成功に向かって進ませます。

私たちは、PMBOKや教本の内容を画一的に当てはめる支援はいたしません。それは昨今のプロジェクト管理の問題はPMBOKなどのリファレンスを、プロジェクトごとの特性に合わせずにそのまま適用しているから、という原因が多いと考えているからです。プロジェクトマネージャーもプロジェクトリーダーも皆様方はプロジェクトを成功させようと真剣に考えて立ち向かっておられます。

ただ、会社方針であったり、ほかに類をみないプロジェクトであり前例がないため、PMBOKのようなモデルをそのまま画一的に適用してしまいます。

プロジェクトはその目的や対象領域、事業への影響度、参加メンバー、参加メンバー間の人間関係や役割、環境、フェーズ、状況、時期、予算、スケジュール、リーダー、リーダーの管理スタイルによって特性が変わります。特性を把握し、適したマネジメントを実施する必要があります。

PMBOKなどはあくまでリファレンスです。リファレンスとしては非常に有効ですが、あくまで専門書の巻末の参考図書のようなものです。「”このプロジェクト”を成功させるには?」の姿勢が大切です。リファレンスは利用できれば活用しよう、という姿勢が大切です。

だから私たちは、現状の把握から始めます。そしてプロジェクトの目的や予算も踏まえ対応すべき・対応できる案を提示します。必要に応じて実行もフォローします。

<実績例>

・デスマーチプロジェクトの課題分析と対応案の策定。実行フォロー

・新米プロジェクトリーダーの指導・支援

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © レッドペンギンアンドパートナー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.